ホームページ作成の負の遺産、テーブルレイアウト

今ではホームページ作成というとHTMLで構造を作ってCSSでスタイリングをするというのが当たり前ですが、その当たり前ができなかった時代があります。

ブラウザのCSS対応状況が違っていたりCSSでスタイリングをするのが大変な時代があったんです。そういうときにはどうやってデザインを作っていたのかと疑問に思うかもしれません。その当時はホームページ作成というとテーブルレイアウトが主流でした。

本当に大昔の話ですけどね。ただ、いまでもテーブルレイアウトをしてしまっている過去の遺産が残ってしまっているので、対応しなければならない人たちもいることでしょう。若い子たちは当然ほとんどが知らないことでしょうから、そのイロハを教えることになるのでしょうが、なぜそんな面倒なことをしなくてはならないのか不思議に思うかもしれませんね。本当にいまは良い時代になりました。モダンなブラウザであれば、よほどのことがない限り表示が崩れるようなこともありませんからね。

ホームページ作成しているときは閉じタグの数があっているか確認しよう

“ホームページ作成をしているとごくごくまれに疲れているとかいった理由でタグと閉じタグの数が合わなくなってしまうということがあります。そういう場合はひとつずつ照合していくのですが手が折れる作業ですよね。

普段の日であればそんなミスはしないなんて思っても、本当にごくごくまれにあるんです。特にテンプレートエンジンを利用したり、CMS、たとえばワードプレスのテンプレートを書いている時などに良くおこったりします。PHPタグやファイルのインクルードなどでごっちゃになってしまうんですよね。そうならないためにはどうしたらよいのかという話になりますが、とにかく気をつけるというのが一番大切なことですよね。

あと、エディタやIDEでしっかりとタグの対応を確認しながら丁寧に作業するというのも必要でしょう。始まりのタグにカーソルを合わせると閉じタグまでハイライトされる機能がついているのが当たり前の時代ですからね。こういう機能は便利に使わなければ損ですよね。